保育園の運営者の「社会福祉法人」「株式会社」その違いは?


保育園の運営者には、様々な組織があります。

昔は社会福祉法人が運営している保育園が多かったのですが、最近は株式会社運営の保育園がふえてきました。

この、社会福祉法人と株式会社の違いとは何なんでしょうか?調べてみました。

「社会福祉法人」「株式会社」の違い
「社会福祉法人」「株式会社」の違い

社会福祉法人とは

そもそも法人とは権利・義務の主体を法律によって人と認められた団体となります。それぞれは公益か営利、人や財産によって分類されています。

それをさらに細かくすると学校法人や財団法人(財産そのものに法人格を認めたもの)などになり、目的や集団に応じて名称が決まっています。

設立には理事6名以上・監事2名以上、理事の二倍以上の評議員が必要となり、各所轄庁と呼ばれる都道府県や政令指定都市への決算公開などが必要となります。

社会福祉法人はその中でも福祉を中心とした事業目的を掲げています。

保育園以外にも福祉施設などを経営することが多いです。資金は収益以外に寄付金や補助金となり、営利目的ではない福祉事業を展開する代わりに税金などが優遇されているのです。

社会福祉法人の保育園で働くメリットは

社会福祉法人で働くメリットは保育園経営に対するノウハウなどがしっかり積まれているので、経営基盤そのものが安定しているところが多いです。

また保育方針も安定しているので、保育士としても方針によって保育園を選ぶことが出来ます。

社会福祉法人の保育園で働くデメリットは

デメリットは営利目的での経営ではないので、設備や備品に対してなかなか金額をかけられないため徹底した節制や管理を求められることがあります。

また家族経営の場合は園長や家族が権力を握っていることが多いので人間関係で大きなトラブルを起こすと退職を余儀なくされる場合があります。

株式会社の保育園とは

事業目的は会社に応じて自由に設定が出来て、人員は一人から設立が可能です。資金は株式・債券発行をしているのできちんとした経営をすることが求められます。税金などの優遇措置はありません。

またきちんとした経営をしなければ株主の信頼を失いますから、経営者によるワンマン経営などが出来にくいのが特徴とも言えます。

株式会社の保育園で働くメリットは

株式会社で働くメリットは大規模な会社であれば福利厚生の体制が整っている・処遇改善の傾向が大きく望めることです。

保育士の処遇については、待機児童問題が浮き彫りになると同時に薄給や昇給などが問題となっていますが、利益を追求しなければならない株式会社の場合はサービスの質を向上するために待遇を良くするという期待が持てます。

また福祉サービスという理念が強かった保育も競争のために独自のサービス展開が期待できることから保育士からの発案も大きく求められるのではないでしょうか。

株式会社の保育園で働くデメリットは

デメリットは経営参入が始まったばかりなので、株式会社が運営する保育所は都市部に集中しており全体で見ればまだまだ少ないということです。

しかしながら参入をしている株式会社の中には保育施設の開園と人材確保を積極的に行っているところもあり、就職セミナーや研修を取り入れているところもあります。

こうした場所へ足を運んでみるのも情報を得やすいのでオススメですが、保育士求人をウェブで探しておおまかな絞り込みを行った上で保育園の見学に出かけるのも、無駄やミスマッチを防ぐことができますので、事前の情報収集も怠らないようにすると良いでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です