認可保育所の入園予約制とは?


保育にまつわる制度や政策のまとめ。

現在保護者の間で話題になっているニュースが「認可保育所の入園予約制」。


これは一体、どんな制度なんでしょうか?また、これによって保育士がうける影響はあるのでしょうか。まとめてみました。

認可保育所の予約制
認可保育所の予約制

どうして入園予約制が必要?

この認可保育所の入園予約制が議論に持ち上がったのは、保護者の「育休」と深い関わりがあります。

現在、育児・介護休業法では、会社員の育休を「1年間」と定めています。育児のために、1年間休暇を取得して良い、ということです。しかし、今は待機児童問題が深刻化していて、保育園に入るにもすごい倍率です。

特に首都圏では、1歳児クラスの入園枠がなく、いざ育休から復帰するために保育園に入れようとしても、入園させることができないという状況です。そのため、不本意ながらも0歳児から保育園に入れるという家庭が増えてきています。もちろん、保育園に入れるためには共働きである必要がありますから、その分育休からの復帰がはやくなり、なかなか満期で育休をとれる人がいなくなっているのです。

保護者にとっても、子どもにとっても、本当はまだ一緒にいたい1歳未満の時点で保育園に入園させなければならないのは、とてもつらい思いを強いられていることになります。また、保育士にとっても、保育士不足である中、保育士1人あたりの子どもの人数が少ない「0歳児」の入園が増えることは、ますます保育士の人手をうばい、1つの保育園であずかれる子どもの数が少なくなる=保育料による収入減少 という事態になります。

認可保育所の予約制が始まるとどうなる?

このような現状に対して打ち出された予約制ですが、実際に開始されると何が起こるのでしょうか?

年度途中から、0歳児クラスに入園できる

今までは年度はじめに合わせて保育園活動をして、育休を切り上げる必要がありました。

でも予約制では、「~月から保育園に入ります」という予約の仕方ができるので、育休を満期まで使ってから保育園入園+復帰をすることができるのです。

育休消化明けの年度はじめから1歳児クラスに入れる

途中から入園できるのは、0歳児ではありません。1歳児クラスにも入園ができるのです。しかし、0歳児とちょっと異なる点があります。

それは、次年度の「年度初め」から1歳児クラスに入園することができる、という点です。そもそも今0歳児クラスの入園が増えている背景として、年度初めに1歳児クラスの空きがなく入園できないから、ということもご紹介しました。

予約制によってこの問題を解消することで、入園できるかどうかという不安な気持ちがなく0歳児のあいだ家庭で保育をしてもらうことができるのです。

短期で利用できる保育サービスの充実

出産のタイミングによっては、育休の満期消化から年度初めまでの間に、期間が空いてしまうことがあります。長い人であれば、1年ほども開くことがあり、これも育休を早期に切り上げる原因となっているのです。

この問題を解消するために、短期間で子どもを預かってもらえるような保育サービスを充実させようという動きもはじまっています。いつ出産しても、育休満期まで安心して自宅で子育てできる制度が整いつつあるんですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です