地域限定保育士とは?


平成27年に成立した「国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の一部を改正する法律」で、地域限定保育士という資格ができました。

この「地域限定保育士」とはどんなものなんでしょうか?実際に試験を受ける前によく確認して、注意点などを抑えておきましょう。

地域限定保育士
地域限定保育士

地域限定保育士とは

正式名称は、「国家戦略特別区域限定保育士」といいます。

資格取得後、3年間は特定の自治体の中でのみ保育士として働くことができます。4年目以降は全国で働くことも可能です。ちなみに、最初の3年間は「実務経験」ではなく「登録」の期間なので、保育士として登録していれば実務していなくても4年目から全国で働き始める事が可能です。(→地域限定保育士試験について

また、通常の保育士試験で合格した科目については、地域限定保育士試験で免除してもらえます。同じように、地域限定保育士試験で合格した科目も、次回以降の保育士試験で免除が受けられるのです。

地域限定保育士の対象地域は

現在対象となっている自治体は、残念ながらあまり数が多くありません。
  • 神奈川県
  • 大阪府
  • 沖縄県
  • 千葉市の成田市
しかし、この地域の居住者でなくても試験を受けることはできるので、引っ越しを検討されている方であればぜひ見てみても良い制度かと思います。

地域限定保育士のデメリットは

有資格の保育士として働くには、この地域限定保育士の制度はとても魅力的に見えます。しかし、デメリットももちろんあります。

一番大きいのが、「地域限定保育士であることを理由に、待遇が悪くなった」というものです。保育園の運営者によっては、地域限定保育士と通常の保育士の間に大きな待遇差を設けている場合もあります。

受験前にどちらのタイプで資格を取得するか、勤務先の待遇も含めてしっかり考えましょう。

地域限定保育士試験を受ける前に注意したいこと

ここまで読まれた方は、地域限定保育士について興味がある方だろうと思います。次の試験を受けてみようかな、と考えている方も多いのではないでしょうか。

そんな時に、事前に注意していただきたいポイントがあります。それは、「科目も免除」についてです。

全国版の保育士試験で合格している科目については、地域限定保育士試験で免除される場合があります。しかし、地域限定保育士試験に一度合格すると、翌年の通常の保育士試験では、筆記試験の過去の合格科目は、免除対象外となってしまうのです。

つまり、科目Aについて、
(1)通常の保育士試験で科目Aは合格→(2)地域限定保育士試験で科目A合格&地域限定保育士資格取得→(3)通常の保育士試験を受験
としようとすると、「(3)通常の保育士試験を受験」の時点で科目Aは免除されないということですね。

特に幼稚園教諭免許取得者は、地域限定試験で実技試験が免除となるため、筆記試験科目が全て合格となった場合は地域限定保育士の資格を取得できます。意図せずに合格していて、翌年本当に受けたかった通常の保育士試験のときは全部勉強し直し・・・ということにならないように注意しましょう。

地域限定保育士の試験を受けるには

平成28年の後期日程が直近の試験日程です。申し込みは下記の全国保育士養成協議会のホームページから受験申し込みをすることができます。

平成28年保育士試験(地域限定)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です