育児と保育士、両立できる?保活に東奔西走するママたち


保育士と「保活」

保育士不足に焦点があたったのは、深刻な保育園不足が起きたからでした。

今、多くの母親たちは、必死です。保育園への入園が非常に難しく、もはや情報戦の様相を呈してきたのが「保活」です。この「保活」、保育士でも無関係なものではありません。

保育士をしているというと、保育園にスムーズに入る方法はないかと聞かれたことのある保育士さんは少なくないのではないでしょうか。また、自分自身が復帰したいのに我が子の保育園が見つからず・・・という保育士さんもいらっしゃることでしょう。特に保育士は女性が多い職場ですから、こういった話題を耳にする機会が多いと思います。

今日は、そんな保育士とも無縁ではない「保活」について考えてみました。

保育士と保活
保育士と保活

「保活」の勉強会

2016年6月のある週末、東京都内で開かれたのは「働くママのための保活勉強会」です。主催された方は、家族の幸せのため、ママの職場復帰を支援する活動の一環として、今回2回目を迎える勉強会を開催しました。

今回の勉強会に参加したのは、妊婦や乳児をもつ父母、あわせて15人です。その最大の関心事といえば、「入園のためのノウハウ」です。いつから「保活」をはじめたらいいか、預け先がない窮状をどのように訴えればいいのか、参加者から悲痛な質問が矢継ぎ早に飛びます。

「点数稼ぎだけをやみくもにしてはいけません。希望する保育園には、どの程度の忙しさの保護者の子どもが入園できているのか、その上で自分はどの程度の忙しさなのかを、まずは把握しましょう。『○○保育園には、昨年度何点以上であれば入れたのですか?』と保育課に確認するのもひとつの方法です。」

ナンセンスな保活

また、待機児童を小規模保育施設などで解消を目指しているNPO法人フローレンスの代表理事を務める駒崎弘樹さんは、このように指摘します。

「保活ほどナンセンスなことはありません。保活というバカげたことを私たちに強いている国や自事態こそ、責められるべきではないでしょうか。小学校と同じように、どの家庭でも安心して子どもを預けられるように、保育園を全入とするのは、もはや自治体として当然の責任です。市債を発行してでも、この問題には早急に取り組まなければいけません」

収入の1円が合否を分ける

この勉強会に参加した目黒区の会社員女性(39)は、昨年の12月に次女を出産しました。今年の4月から職場復帰する予定を立てていましたが、次女を認可保育園に預けることができず、育休を6月まで延長しなければなりませんでした。今でも保活中に、保育課の窓口から言われた言葉が腑に落ちないといいます。

「1円でも収入が低ければ、認可保育園は入りやすいですから…」

児童福祉法に基づいて設置される認可保育園に子どもを預けられるうえで、最終的に優先されるのは所得税額の低い世帯です。激戦区では、同じ条件に数百人も並ぶケースが見られます。所得や生活レベルをみて、大差がないように感じても、入園の可否が無情に分かれることが少なくありません。

「たとえ年収が300万円でも600万円でも、預けられないことによる窮状に差はないはずです。選考基準を、もっと現状に即した形に見直さなければ、公正さにかけるのではないでしょうか」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です