保育士求人の給料水準に関する厚生労働省の動き(2)

何故保育士の給料はいつまでも上がらないのか?

前回は、保育士の給料をあげるための厚生労働省の取り組みをご紹介しました。

何故国をあげてここまで対策を考えているのに、給料が上がらないのでしょうか?

保育士の給料に関する厚生労働省の動き
保育士の給料に関する厚生労働省の動き


それは保育園の財源が大きく関係しています。

認可保育施設の場合、主な財源は公的な補助金と保護者からの保育料です。

補助金と言うのは税金からできていますので、過大に引き上げることは難しいとされています。

更に、保育料の方を引き上げようとすると保護者からの反対にあうということもあり、あげにくいのです。

また保育料は「公定価格」で決まっているので、事業者が勝手にあげるのも難しいと言われています。

保育園に届く財源が増えませんので、保育士の給料も上がりにくいんですね。

補助金を全て保育士の給料に使えればいいのですが、保育園側もそう言ったことには回せません。

なぜなら施設の維持費や、光熱費などもこの補助金から賄っているからです。

更に社会福祉法人になると営利目的での運営はできませんので、利益は上がりにくくなっています。

こういった状況があるので、保育士の給料はいつまで経っても低賃金なのですね。

保育士の給料は今後どうなる?

厚生労働省が発表した計画によると平成29年度までに約40万人の保育の受け皿を確保するために、平均で5%改善するとしています。

最近では株式会社もどんどん参入し、給料改善に取り組んでいる会社もあります。

民間企業が保育に参入してくれたことで、相乗効果をもたらし、保育士の給料改善にも期待が持てますね。

実際に、保育士さんに聞いてみたところ、賃金アップに期待する金額は7万円以上ということです。

確かに今のお給料が月7万円プラスされると、潜在保育士の数も減るでしょうし、離職率も低くなることでしょう。

保育の仕事と言うのはやりがいも負担も大きい仕事です。
残業や持ち帰りの仕事もあります。

そういった負担に見合う給料を貰えるようになれば、ここまで問題として大きくはならなかったことでしょう。

厚生労働省は、保育士に対する対策を考えてはいますが、やはり後手後手に回っている印象もあります。

賃金アップのために出来ることは

今の職場で賃金アップが見込めないかもしれない!という場合は、転職を考えてみるのもいいでしょう。

求人情報を見ていると、株式会社の保育園のお給料は比較的高水準にあります。

参考サイト:保育士の求人・転職のFINE!保育士(お役立ちコンテンツ)

あなたの求めている求人と言うものがたくさんありますよ。

我慢しながら働くのはやめて、転職して心機一転がんばる!というのも素晴らしい選択です。

保育園の運営者の「社会福祉法人」「株式会社」その違いは?

保育園の運営者には、様々な組織があります。

昔は社会福祉法人が運営している保育園が多かったのですが、最近は株式会社運営の保育園がふえてきました。

この、社会福祉法人と株式会社の違いとは何なんでしょうか?調べてみました。

「社会福祉法人」「株式会社」の違い
「社会福祉法人」「株式会社」の違い

社会福祉法人とは

そもそも法人とは権利・義務の主体を法律によって人と認められた団体となります。それぞれは公益か営利、人や財産によって分類されています。

それをさらに細かくすると学校法人や財団法人(財産そのものに法人格を認めたもの)などになり、目的や集団に応じて名称が決まっています。

設立には理事6名以上・監事2名以上、理事の二倍以上の評議員が必要となり、各所轄庁と呼ばれる都道府県や政令指定都市への決算公開などが必要となります。

社会福祉法人はその中でも福祉を中心とした事業目的を掲げています。

保育園以外にも福祉施設などを経営することが多いです。資金は収益以外に寄付金や補助金となり、営利目的ではない福祉事業を展開する代わりに税金などが優遇されているのです。

社会福祉法人の保育園で働くメリットは

社会福祉法人で働くメリットは保育園経営に対するノウハウなどがしっかり積まれているので、経営基盤そのものが安定しているところが多いです。

また保育方針も安定しているので、保育士としても方針によって保育園を選ぶことが出来ます。

社会福祉法人の保育園で働くデメリットは

デメリットは営利目的での経営ではないので、設備や備品に対してなかなか金額をかけられないため徹底した節制や管理を求められることがあります。

また家族経営の場合は園長や家族が権力を握っていることが多いので人間関係で大きなトラブルを起こすと退職を余儀なくされる場合があります。

株式会社の保育園とは

事業目的は会社に応じて自由に設定が出来て、人員は一人から設立が可能です。資金は株式・債券発行をしているのできちんとした経営をすることが求められます。税金などの優遇措置はありません。

またきちんとした経営をしなければ株主の信頼を失いますから、経営者によるワンマン経営などが出来にくいのが特徴とも言えます。

株式会社の保育園で働くメリットは

株式会社で働くメリットは大規模な会社であれば福利厚生の体制が整っている・処遇改善の傾向が大きく望めることです。

保育士の処遇については、待機児童問題が浮き彫りになると同時に薄給や昇給などが問題となっていますが、利益を追求しなければならない株式会社の場合はサービスの質を向上するために待遇を良くするという期待が持てます。

また福祉サービスという理念が強かった保育も競争のために独自のサービス展開が期待できることから保育士からの発案も大きく求められるのではないでしょうか。

株式会社の保育園で働くデメリットは

デメリットは経営参入が始まったばかりなので、株式会社が運営する保育所は都市部に集中しており全体で見ればまだまだ少ないということです。

しかしながら参入をしている株式会社の中には保育施設の開園と人材確保を積極的に行っているところもあり、就職セミナーや研修を取り入れているところもあります。

こうした場所へ足を運んでみるのも情報を得やすいのでオススメですが、保育士求人をウェブで探しておおまかな絞り込みを行った上で保育園の見学に出かけるのも、無駄やミスマッチを防ぐことができますので、事前の情報収集も怠らないようにすると良いでしょう。

認可保育所の入園予約制とは?

保育にまつわる制度や政策のまとめ。

現在保護者の間で話題になっているニュースが「認可保育所の入園予約制」。


これは一体、どんな制度なんでしょうか?また、これによって保育士がうける影響はあるのでしょうか。まとめてみました。

認可保育所の予約制
認可保育所の予約制

どうして入園予約制が必要?

この認可保育所の入園予約制が議論に持ち上がったのは、保護者の「育休」と深い関わりがあります。

現在、育児・介護休業法では、会社員の育休を「1年間」と定めています。育児のために、1年間休暇を取得して良い、ということです。しかし、今は待機児童問題が深刻化していて、保育園に入るにもすごい倍率です。

特に首都圏では、1歳児クラスの入園枠がなく、いざ育休から復帰するために保育園に入れようとしても、入園させることができないという状況です。そのため、不本意ながらも0歳児から保育園に入れるという家庭が増えてきています。もちろん、保育園に入れるためには共働きである必要がありますから、その分育休からの復帰がはやくなり、なかなか満期で育休をとれる人がいなくなっているのです。

保護者にとっても、子どもにとっても、本当はまだ一緒にいたい1歳未満の時点で保育園に入園させなければならないのは、とてもつらい思いを強いられていることになります。また、保育士にとっても、保育士不足である中、保育士1人あたりの子どもの人数が少ない「0歳児」の入園が増えることは、ますます保育士の人手をうばい、1つの保育園であずかれる子どもの数が少なくなる=保育料による収入減少 という事態になります。

認可保育所の予約制が始まるとどうなる?

このような現状に対して打ち出された予約制ですが、実際に開始されると何が起こるのでしょうか?

年度途中から、0歳児クラスに入園できる

今までは年度はじめに合わせて保育園活動をして、育休を切り上げる必要がありました。

でも予約制では、「~月から保育園に入ります」という予約の仕方ができるので、育休を満期まで使ってから保育園入園+復帰をすることができるのです。

育休消化明けの年度はじめから1歳児クラスに入れる

途中から入園できるのは、0歳児ではありません。1歳児クラスにも入園ができるのです。しかし、0歳児とちょっと異なる点があります。

それは、次年度の「年度初め」から1歳児クラスに入園することができる、という点です。そもそも今0歳児クラスの入園が増えている背景として、年度初めに1歳児クラスの空きがなく入園できないから、ということもご紹介しました。

予約制によってこの問題を解消することで、入園できるかどうかという不安な気持ちがなく0歳児のあいだ家庭で保育をしてもらうことができるのです。

短期で利用できる保育サービスの充実

出産のタイミングによっては、育休の満期消化から年度初めまでの間に、期間が空いてしまうことがあります。長い人であれば、1年ほども開くことがあり、これも育休を早期に切り上げる原因となっているのです。

この問題を解消するために、短期間で子どもを預かってもらえるような保育サービスを充実させようという動きもはじまっています。いつ出産しても、育休満期まで安心して自宅で子育てできる制度が整いつつあるんですね。

地域限定保育士とは?

平成27年に成立した「国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の一部を改正する法律」で、地域限定保育士という資格ができました。

この「地域限定保育士」とはどんなものなんでしょうか?実際に試験を受ける前によく確認して、注意点などを抑えておきましょう。

地域限定保育士
地域限定保育士

地域限定保育士とは

正式名称は、「国家戦略特別区域限定保育士」といいます。

資格取得後、3年間は特定の自治体の中でのみ保育士として働くことができます。4年目以降は全国で働くことも可能です。ちなみに、最初の3年間は「実務経験」ではなく「登録」の期間なので、保育士として登録していれば実務していなくても4年目から全国で働き始める事が可能です。(→地域限定保育士試験について

また、通常の保育士試験で合格した科目については、地域限定保育士試験で免除してもらえます。同じように、地域限定保育士試験で合格した科目も、次回以降の保育士試験で免除が受けられるのです。

地域限定保育士の対象地域は

現在対象となっている自治体は、残念ながらあまり数が多くありません。
  • 神奈川県
  • 大阪府
  • 沖縄県
  • 千葉市の成田市
しかし、この地域の居住者でなくても試験を受けることはできるので、引っ越しを検討されている方であればぜひ見てみても良い制度かと思います。

地域限定保育士のデメリットは

有資格の保育士として働くには、この地域限定保育士の制度はとても魅力的に見えます。しかし、デメリットももちろんあります。

一番大きいのが、「地域限定保育士であることを理由に、待遇が悪くなった」というものです。保育園の運営者によっては、地域限定保育士と通常の保育士の間に大きな待遇差を設けている場合もあります。

受験前にどちらのタイプで資格を取得するか、勤務先の待遇も含めてしっかり考えましょう。

地域限定保育士試験を受ける前に注意したいこと

ここまで読まれた方は、地域限定保育士について興味がある方だろうと思います。次の試験を受けてみようかな、と考えている方も多いのではないでしょうか。

そんな時に、事前に注意していただきたいポイントがあります。それは、「科目も免除」についてです。

全国版の保育士試験で合格している科目については、地域限定保育士試験で免除される場合があります。しかし、地域限定保育士試験に一度合格すると、翌年の通常の保育士試験では、筆記試験の過去の合格科目は、免除対象外となってしまうのです。

つまり、科目Aについて、
(1)通常の保育士試験で科目Aは合格→(2)地域限定保育士試験で科目A合格&地域限定保育士資格取得→(3)通常の保育士試験を受験
としようとすると、「(3)通常の保育士試験を受験」の時点で科目Aは免除されないということですね。

特に幼稚園教諭免許取得者は、地域限定試験で実技試験が免除となるため、筆記試験科目が全て合格となった場合は地域限定保育士の資格を取得できます。意図せずに合格していて、翌年本当に受けたかった通常の保育士試験のときは全部勉強し直し・・・ということにならないように注意しましょう。

地域限定保育士の試験を受けるには

平成28年の後期日程が直近の試験日程です。申し込みは下記の全国保育士養成協議会のホームページから受験申し込みをすることができます。

平成28年保育士試験(地域限定)

 

保育士資格手続き~資格登録に期限はあるのか

保育士試験に合格すると、緊張もほぐれて一安心ですよね。

でも合格したからといって、今日から保育士として働けるわけではありません。

実は試験に合格して届く「保育士(保母)資格証明書」だけでは保育士として働くことはできません。

保育士試験に合格した方も、保母資格しか持たない方も、また昨今注目されている潜在保育士も必見。保育士資格登録手続きに関する疑問を、解説したいと思います。

保育士資格の期限
保育士資格の期限

なぜ資格を持っていても、働けないのか

保育士資格証明書を持っているだけでは児童福祉施設に勤務できないとはどういうことなのか。

それは平成15年11月29日より児童福祉法が改正されたためです。

それより以前は、資格証明書を交付されると保育士(保母)として働くことが出来ました。

しかし児童福祉法が改正されてからは、試験に合格などをして保育士となる資格を有する人は、保育士登録申請をして、都道府県の保育士登録簿に登録することで「保育士証」の交付を受けて、保育士として働けるようになっています。

保育士証の交付を受けないと、資格はどうなるのか

保育士への登録申請手続きを行わない、もしくは保育士資格証明書をなくしたとしても、保育士の資格を失うことはありません。再度、学校へ入学したり、受験を受けなおしたりする必要もありません。

しかし、保育士証がなければ児童福祉施設で働くことはできません。

保育士の登録に期限はあるのか

保育士登録の手続きに期限はなく、保育士となる資格を有する人であれば、いつでも登録の申請が出来ます。

登録はどこでするのか

保育士登録は、都道府県より委託を受けて「登録事務処理センター」が請け負っています。こちらは社会福祉法人日本保育協会が運営しており、全国で唯一の機関です。

登録にかかる期間はどのくらい

申請をして、保育士証の交付まではおおよそ2か月です。就職先に提出するなどの予定が決まっている場合は、早めに申請書類の提出をしましょう。

国家戦略特別区域限定保育士の場合

平成27年の通常国会で成立した「国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の一部を改正する法律」によって「国家戦略特別区域限定保育士」(以下「地域限定保育士」)の制度が制定されました。

地域限定保育士に合格すると、地域限定保育士として登録後3年間は受験した自治体のみで保育士として働くことが出来る資格がもらえます。

登録してから3年経過すると、全国で保育士として働くことが出来ます。(試験に合格してから3年ではありません)

「国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の一部を改正する法律案」の閣議決定について
(内閣府地方創生推進事務局のホームページにリンクします)

国家戦略特別区域限定保育士として保育士登録証を受け取るには

地域限定保育士試験に合格したら登録手続きを行います。

登録先は試験合格地の都道府県または政令市のみです。

合格してからではなく、登録してからの3年間は試験合格地での勤務となります。

保育士証の登録と手順が異なるので、間違えないようご注意ください。

地域限定保育士の申請書類の提出先は

申請書類の受け付けは、都道府県より委託を受けている登録事務処理センターが行っています。登録先の都道府県へ郵送しても、受け付けできませんので注意して下さい。

保育士ならびに地域限定保育士登録が出来ない場合

保育士(地域限定保育士)登録資格を有する方であっても以下に該当する場合は、保育士になることは出来ません。
  • 成年被後見人または被保佐人
  • 禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わり、または執行を受けることがなくなった日から起算して2年を経過していない。
  • 児童福祉法の規定その他児童の福祉に関する法律の規定であって政令で定めるもの(児童福祉法施行令第4条)により罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、または執行を受けることがなくなった日から起算して2年を経過していない。
  • 以下の理由により登録を取り消され、その取り消し日から起算して2年を経過していない。
    1. 虚位または不正の事実で保育士登録を受けた
    2. 信用失墜行為(保育士の信用を傷つける行為)を行った
    3. 守秘義務違反(正当な理由がなく、その業務に関して知り得た人の秘密を漏らす行為、保育士でなくなった後においても同様)をした
児童福祉法改正に伴い、保育士は名称独占となりました。そのため、信用失墜行為の禁止や守秘義務などの義務が課せられています。

同時に、この行為を行うと保育士登録の即時取り消しや罰金などもあります。